ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

BLOG

ストックホルムのフェスでウクレレを弾く(動画有り)

2016年9月3日 (映像は1分の短い編集版)

スウェーデンはストックホルムのウクレレフェスで演奏しました。

 

■思えば、1年半ぶりの演奏

演奏すると大変喜んで頂ける。

この手応え、1年半ぶりですね。

自分が楽しめて

 

かつ向上の喜びを得られ

同時に関わる方に喜んでもらう。

このバランスと継続して行くという

システム作り。

 

新しい生き方の提案に繋がる

と思ってやっております。

 

 

■演奏については

 

ステージが押しまくって

曲目を減らしたので、余裕の選曲となりました。

みんなもう一曲、もう一曲と

だらだらやって押すので

潔く、絞ります。

 

■今回できなかった曲は

 

帰国後のアイランズカフェにてお披露目しますね。

(2016年10月15日です。

 

 

(病院のおじさんには聞いてもらいました)

1000人を喜ばせても

1人を喜ばせても

それはそれで価値のあること。

 

 

■フェス自体をみてみますと

ギネスに挑戦する試みもありましたが

大幅に見込みを下回った様子。

 

しかも

 

皆で弾いているときに雨。

濡れてもわりと平気で弾いている人々。

年齢層は幅広いですね。

これが北欧地域の特徴でしょうか。

アメリカはシニア中心だし

アジアは若者中心です。

 

 

■再確認しましたが

 

ウクレレは人々を繋ぐ楽器。

今回も小さい子供が音楽で踊って

走り回っているし

 

ノルウェー、フィンランドの方とも

知り合いになれました。

彼らがイベントをオーガナイズするとき。。。

もちろん行きますよ~。

 

 

■アメリカにチャレンジしていた頃

 

思い出します。

あるフェスで出会った人に

呼んでもらって次の場所

また次の場所へと友達が増えたあの頃

ぐるっと1回まわって

 

 

スパイラルアップしていくのでしょう。

復帰第一戦目

これからがスタートです。

 

 

■手応えは十分

今までは自分でおくゆかしく(?)

書いてこなかったのですが

ちゃんと書かないと伝わらないので

 

書きますが。

 

手応えは十分です。

お客様曰く

 

1000人が演奏を聴くために静まり返った。

出演者達も惜しみない賞賛を下さいます。

(グレイト、ファンタスティック、アメイジング:笑)

 

高橋の演奏はいつも玄人受けも良いのです(!?)

 

 

■歌が良いのでもっと聞きたいとの事(汗)

 

「テレサテンみたいな良い声」

だそうです。

 

確かに来る前にボイトレに行きましたが

理想とするのはフランクシナトラ。。。

ただしテレサテンは好きなので嬉しいですね。

テレビも入っていました。

 

プロのカメラも入っていたので

このあたりは映像が入手できたら

見て頂きたいと思います。

今後に続きます。

 

フィンランドからきたダニエルのビデオレター

10:27に高橋の映像がもう少しあります。

(フェス側からもらったらまた映像紹介しますね!)

CONTACT

Name:お名前
E-mail
Message/

ご用件