ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

BLOG

縄文杉でウクレレ演奏 08年

縄文杉の前でウクレレを弾きました。曲はヒロマーチです。

はじめて縄文杉でウクレレを弾いてから2年弱の間に沢山いいことありました。

そのときは

雨の中ウクレレを背負って縄文杉で弾いたんです。

降りるとき感動で涙が出ました。

そしてNYに行きました。メールに添付した音源がラテンだったのがよかったのかな?

スパニッシュのカフェでライブができた。

その気持ちを忘れそうになると山に登りました。

そしてまたNYに行きました。

飛行機のチケットを買ったあと

検索したらウクレレフェスティバルをやっているんですよ。

また友達がそこでできました。


NYのストリートでウクレレ弾いたら老夫婦が振り返り立ち止まり、涙を目に

いっぱい浮かべてチップをくれました。

彼女達も若い頃ミュージシャンだったと教えてくれました。

スーパースターだけではなく街のミュージシャンにも

それぞれの役目と価値があることを教えてくれました。

全ての職業にそれはいえるんですよ。

NYで出合った縁で西海岸にも行きました。

ライブもやった。招いてくれたビルダーマイケルの

友達のリチャードが1泊2日で巨木の森に連れて行ってくれたんです。

ヨセミテから帰ったらマイケルがウクレレを完成させてくれていました。

朝7時から夜の2時までかけて僕のためにウクレレを創ってくれたんです。

その後はウクレレを持って弾きながら彼とご飯を食べに 行きました。

LAまでマイケルの車で楽器ディーラーショウに行きました。

最後の夜の車でマイケルが、君は自分を誇りに思うか?と尋ねます。


僕は「僕自身と僕の国、家族、友達をとても誇りに思う」と答えます。

書ききれない人の協力のおかげで今の僕がここにいるんです。

いろんなことができたのも、演奏を勉強できたのも

周りの人々のおかげ。

08年の2月に屋久島に行き、相部屋の学生さんの車に便乗して

前回行ってない白谷に行きました。 光が輝いています。

友人のなんちゃんのガイドでまた縄文杉に会いに行ったんです。

すごく晴れてた。

ウクレレを再び弾きました。

帰る日、宿のおかあさんに挨拶にいきます。

いろんな普通の会話をいっぱい。

お別れは涙がでそうになった。

CONTACT

Name:お名前
E-mail
Message/

ご用件