ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

BLOG

ポートランド ウクレレ フェスティバル 1日目

08年6月のことです。

アメリカ、オレゴン州のポートランドウクレレフェスティバル に参加してきたんだ。

この州はオレゴンから愛というドラマの舞台らしい。
事前に調べると自然に囲まれスローな生活を送る人々の街みたいでね。 あとはお茶やらチョコやらフルーツやら野菜がいっぱいあって、 マウントフッドというオレゴンの富士山があるくらいの知識でいってきました。

会場のリード大学まで直行のシャトルバスが30ドル程度だけど到着は朝8時。 チェックインが午後4時までだから時間があったんだ。

なのでダウンタウン観光に行きました。 市内交通のトライメット(バスと路面電車の会社)の発券機にいく。

自販機にだいたいアメリカでは1名くらい人がいていろいろ世話をしてくれます。 おばちゃんに素直に、ダウンタウンに行って美術館を見て、 その後リード大学に行くと伝えると5ドル弱で1日パスをお勧めしていただき、 路面電車でダウンタウンに行き、州立大学からの19番バスでリードまで いけると教えてもらったよ。

路面電車で市内につきました。スターバックスでコーヒーを飲んで歩く。 しばらくいくと公園でファーマーズマーケットをやってる。 春から秋にかけて開催される朝市みたいなもので 新鮮な野菜や花やいろんなものがあって土地の素材でできた サンドウイッチを食べた。うまかったよー。

そして公園でウクレレを弾いた。子供達が大喜びで 一緒にダンスを踊ってくれた。 そんなつもりは無かったのだけど25セントとかの小銭を くれて、大人達も1ドル札をケースに入れてくれた。 彼女達の笑顔を見られただけできてよかったとしみじみ感じたんだ。

一息して美術館に行く。アメリカ先住民やアメリカ大陸の 歴史的なモノが沢山あった。顔が沢山ついた仮面だとか さまざまな道具類。顔顔顔。当時あんな宇宙人が来たのだろうか。

さて絵画の分野ではマウントフッドを描いたものが大変多かった。 また自然やレッドウッドの巨木など。 なるほどマウントフッドは地元の人の誇り、象徴なのだね。

1891年に日本から7名の最初の日系移民がオレゴンに到着 した。そのとき万年雪を抱いた美しいフッド山は日本人たちの心 を特にとらえ、ポートランド富士と名づけたとのこと。 ちなみに姉妹都市は富山ね。

その後バスで無事リード大学に到着しチェックインしたよ。

夕方から今後のオリエンテーションや明日以降のウクレレ講義の紹介。 そして夕食は大学の体育館でした。

18日の夕方から始まり19日は昼講義、 夜はオープンマイク、20,21は昼講義と夜のコンサート、 22日に朝食の後チェックアウトというスケジュール

夜は、学生会館でずーっとジャムというウクレレ漬けの日々。 3食付で500ドル。部屋は学内の施設に泊まるんだよ。 僕は講師のマークと相部屋だった。というか講師も皆同じ建物だな。

講師というとカナダからジェームズヒルやらアメリカから ジョンキングやらそしてポートランド在住のライルリッツなどが 来ていて日本でもわりと有名なミュージシャンなのである。

初日の夜はアトラクションといって劇場ではなく学生会館で ステージがあった。なんとライルリッツのトリオだった。 ウクレレ、ギター&ボーカルとウッドベースのトリオ。 フライミートゥーザムーンや、デュークエリントンのドントゲット アラウンドマッチエニモア、などなど沢山演奏してくれたよ。

年季の入った大変素晴らしい演奏だったんだ。 最後はスタンディングオベーションでしたよ。

こういうウクレレ合宿っていいなと思ったね。 こういうの日本でも出来たらいいな。 そのときは参加してくれますか?

CONTACT

Name:お名前
E-mail
Message/

ご用件