ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

BLOG

西海岸ウクレレの旅2 ヨセミテ

巨木に惹かれて屋久島に行ったのでした。
好きな事をやろうと思って巨木の前でウクレレを弾いたのです。
そしていろんな場所で弾くうちに、出会いの積み重ねでカリフォルニアにもきました。

リチャードとマリポサグローブで

リチャードと巨木の森の入り口で

ご存知ですか?

来る前に調べるとなんとカリフォルニアには巨木の森があるのです! 
初日に行ったミュアウッズ国定公園にはレッドウッドという木。
さらにヨセミテ国立公園にはセコイアという巨木があるのです。

 

写真のおじさんはリチャード。彼は62歳を過ぎておりリタイアしています。
マイケルは展示会と僕のウクレレ製作で時間が取れないので
バスツアーを考えていたが、4時間しかヨセミテにいられないと
リチャードが僕を車に乗せて行ってくれるというのです!
今回も国と年齢を超えたコミュニケーションができる良い機会
だからと進んでドライブを申し出てくれたのですよ。
フリーウエイを走りしばらくすると延々と続く農園。
原っぱ、どこまでも続く道。広大なアメリカ。
ドライブしながら彼が好きなアメリカのピープルの歌、フォーク
の音楽について、景色や建物について何でも教えてくれるんです。
そして5時間ドライブしヨセミテバレーを見ました。
1500メートルの一枚岩はエルキャピタンといいます。
エルキャピタン

エルキャピタン

付近のロッジに泊まります。ウクレレを弾きながらいろんな話をします。
昨夜のライブではアメリカに敬意を表して最後に星条旗よ永遠なれを
やったけど、あの曲は愛国者向きだというのです。
愛国者は国民の半数で全ての人々が政府のやる事に全部賛成というわけではない、
とりわけ海外派兵などにはやめてくれ!と思っている人々が沢山いるというのです。
そして、もっとピープルの曲をやってもよいのではないかと教えてくれた。
それは一つには大きな古時計という曲であった。
その英語の歌詞を全部見せてくれた。
日本語の歌詞もあると伝えたのですよ。
すると、歌って欲しいと頼まれた。
歌いながらぼくの亡くなったおじいさんのことをリチャードに重ねていました
感情がこみ上げてしまって歌うのが大変だったのです。
次の日は朝から巨木の森へむかいます。
リチャードが片道5キロの巨木への雪道、三脚とビデオカメラを持ってくれます。
3キロのところで彼はもう無理だと帰っていきます。
ヨセミテのセコイア

ヨセミテのセコイア

僕がビデオに撮ってくるからと言って僕は荷物を預かり進みます。
ヨセミテのセコイア2

ヨセミテのセコイア2

その先道が左右に分かれて表示もないのです。
クロスカントリーのドイツ人カップルに最大の巨木はどこかたずねたら、
それはセコイア国立公園だと言うのです。
つぎに僕は、直感で左の登りの方に向かいます。
間違った場合どこで気がつくのでしょうか?
行き過ぎた後引き返す体力と時間があるのかわかりません。
どんどんペースをあげて進みます。そうすると標識があります。
ヨセミテ最大の巨木、グリズリージャイアントと対面です。
グリズリージャイアント

グリズリージャイアント

しばしウクレレを弾いて巨木を眺めました。
その後、急いで雪道を車に戻ります。
帰り道も地平線に星を観ながら車で話します。
アメリカと言ってもNYの東とカリフォルニアの西では
全く文化が違うようです。

CONTACT

Name:お名前
E-mail
Message/

ご用件