ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

岡山県出身。
中学時代にTVでみた高木ブー氏のコント「雷様」

その美しい音色の雷に打たれウクレレを開始。

高校〜大学時代はヘヴィメタルにのめり込むが卒業と同時にウクレレを再開。

森拓治氏にウクレレと音楽を学び灰田晴彦氏から続くハワイ伝統のピッキングソロを継承した。

アメリカ、カナダ、スウェーデン、韓国、タイ、オーストラリア、中国といった東西のウクレレフェスティバルに出演し、同時にワークショップを行う。

またジェームスヒルのウクレレ先生向けワークショップにも参加し、各国のウクレレ関係者と交流を深めるとともに西洋のレッスン、教授法について研究中。

どこまでも学び続ける態度を示しながら、古いものと新しいもの、西洋と東洋的なものの融合を目指している。

 

【旅と音楽~ウクレレの先生の先生へ】高橋は芸術など人の営みだけでなく、大自然の美しさに惹かれの素晴らしさを音にのせて、世界の片隅、ときにはNYのストリートまた東京渋谷のクラブや、富士山頂、屋久島縄文杉などで演奏し続けた。
その旅を通じて深く人とのつながり、意味を問い続けたその音は世界中のイベントオーガナイザー、プロの音楽家やウクレレブランド関係各者に絶賛されスウェーデンやポートランドでの演奏はスタンディングオベーションと感動の涙をもってその価値が証明された。
韓国ではいち早くソウルのウクレレの先生向けのワークショップが開かれ約30名が参加するなどウクレレの先生の先生として効果的な演奏方法、学習方法を広めている。
最近では香川のホロホロミュージック、ウクレレキイチ先生とタイアップし定期的に高松を訪れてフォローアップを行うなどフットワークを活かした活動も開始している。

【教育機関、公共施設、企業様での演奏】2017年からは活動の範囲を広げ、重要文化財 自由学園明日館でのレクチャーコンサート、同自由学園明日館でのビアテラス演奏、ピアノ発表会での賛助演奏、岡山Jホールのレインボーコンサート、瀬戸内市の公民館での演奏、香川善照寺の本堂での演奏と対談(ご住職)、オーパス楽器堂主催の高松ウクレレフェスティバル等勢力的に演奏活動を行っている。