ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

BLOG

タイのカフェでのウクレレ演奏動画(アンコール:ハワイの伝統曲 コハラマーチ)

ことしものこりわずか 8時間を切りました。

 

皆様にとってはどんな年だったでしょうか?

 

そうそうラクチンという方は今は少ないかもしれませんね。

 

やはり現代は分業化、工業化から情報化が進み

貨幣経済への依存という状態にあるので

ストレスの多い社会となっています。

 

不安をベースにいろんな情報がながされて

不安を回避するような不要な活動を促すのではないか

という部分も見られます。

 

こういった流れに対して音楽という芸術は言葉をもたないがゆえ

直接的には無力ですが無力であるが故にゆるやかに大きな力と

なりうる可能性があるのではないでしょうか。

 

さて今年最後のメルマガはタイのカフェでのウクレレ演奏動画の

最終回です。

 

先日ご紹介したようにタイの曲を皆で歌って終了!

だったのですがもう1曲だけアンコール!

の声を頂き、超ひさしぶりの曲を演奏しました。

 

その曲は

 

コハラマーチ~イエッサーザッツマイベイビー

です。

(コアラではないですよ!)

 

この曲も師匠の森先生の師匠である灰田先生から脈々と

伝わるハワイの伝統的なコハラマーチから

アメリカのミュージカル映画「碇をあげて」でフランクシナトラも

歌っているイエッサーザッツマイベイビーのメドレーです。

 

非常にウクレレという楽器にとっても大事な曲ですが

難しいので。。あまり弾きません。

 

今回はハイジー(ウクレレオリジナルのチューニング)のウクレレ1本

もって遊びにいったので。

ロージー(4弦が1オクターブ低いチューニング)

の曲無しということで、ここでコハラマーチの登場になりました。

 

やはり、難しい曲と言うのはありまして

魔がさすというか、すぱっとステージで飛んだり間違ったりします。

でも、そういうのもやり続ける。

あるとき気にならずに出来るようになったりします。

 

もともと僕は完璧にやりたい気持ちがつよくて人前で間違えるのは

凄く嫌なのですが。

ウクレレの難しい曲をやるともう、ちょいちょい間違えてしまうのです。

だんだん、こりゃやってもやっても間違うので変な図太さも出てくるんです。

 

間違っても間違っても、格好わるいなんていう気持ちすら

感じる事すら自分にゆるさない集中力で目の前の曲と聞いて下さるお客様

そこにだけ音楽を届けることに集中してやる。

 

この気持ちを来年も持って続けていきます。

CONTACT

Name:お名前
E-mail
Message/

ご用件