ウクレレソロの高橋重人(ハワイアンピッキングスタイル)演奏依頼は、ご相談を承ります。
Shigeto Takahashi is making new ukulele style based on traditional Hawaiian picking.Study and blend East and West culture to make next.

高橋重人:SHIGETO TAKAHASHI

BLOG

尤克里里在中国 上映中!

【尤克里里在中国上映リンク】

─────────────────────────
尤克里里在中国
試聴用アドレスビリビリ中国の動画サイト
こちら↓
https://www.bilibili.com/bangumi/play/ep273472/

■こんにちは高橋です

昨日は、夕方までレッスンの
フォローや準備

移動中も、頂いたご感想を
再度熟読。

かんたん、わかりやすい
一瞬で上達する事例集の候補を
あらかたピックアップしました。

■尤克里里在中国

さて、昨日号外でもお知らせした
中国のウクレレドキュメンタリー
尤克里里在中国

公開時刻が迫っています。
(さらに…)

中国のウクレレドキュメンタリーの題字書く=尤克里里在中国

こんにちは!
中国の上海に
劉宗立(トニー)先生という
ウクレレの大先生がいます!

ウエブはこちら
http://www.xgmusicschool.com/
星光流行音乐教室

実は、台湾でも会っていたし
中国の広州のフェスでも会っていて

プレイを褒めてくれたりしたのですね。

よくよく、彼と関わるようになって
バーで呑みながら聞くと

生徒さん5000人
DVD1枚の売上げ30000枚
最近の中国ツーア 62カ所目
(さらに…)

(写真)重慶の食(後)火鍋、子面 名物にむせる!【ウクレレ奏者in中国】

重慶の食事の後編です。

■地元のお酒(コーリャン酒)

空港についたときから
巨大な看板で

重慶の特産は
高粱酒(コーリャン)

ということが分かります。

いわゆる40度も50度
もある白酒

乾杯!

で小さなグラスで
飲み干すんですが
(天津での経験)

これが、呑みにくいんだよなあ

と思いつつ、コンビニで見ると
北京産は7元/100cc

なのに

重慶のは20元/100cc
(写真:手前の紙の箱に入ってました:箱は展開済み)

「江小白」

と高級です!
試してみると。

クセが無い!
ほのかに甘くて
旨い!

けど、ミッションもあるし
ちびちび2日で呑みました。

やはり高級なものは
美味しいんですね。

美味しいから高級になるのかな。

麻婆豆腐屋で大騒ぎの人たちは
きっとこれをグイグイ呑んでたんだろうな。

■口座開設!お昼の広東料理

銀行口座が3行回って
ついに成功したので

ホテル最寄りの広東料理屋

毎日辛かったので
広東料理はあっさり

「干炒牛河」(24元)
(写真)

太麺のビーフンと野菜
牛肉の炒め。

お祝いで山城ビール
(重慶ビール:薄い)

■重慶といえば火鍋!(3日夜)

最終夜

名物の火鍋を食べたい!

しかし、

問題が1つ

1人で火鍋を食べている人は
全く見かけない。。。

焼き肉や鍋も1人は
あまり食べないし
寂しい(汗)

来る前からネットでいろいろ
教えてくれた現地の方に

「一緒に食べに行ってくれませんか?」

とお願いすると快くオッケー!

現地人絶賛の

■「佩姐老火鍋」(二人で245元)
※ビール1人1本含む


スターンダードな辛いスープと
トマト味のマイルドなスープと

具は

レンコン
冬瓜

辛い牛肉
魚肉
ガチョウの腸(必ず食べるそうです)
豚肉のフライ

赤い(火鍋色?)エプロンして
100CCくらいのごま油を空けて

ニンニク、ネギ、醤油、酢を入れた
タレを作り浸して食べます!

いきなり彼を呼んだので
僕が払いますよ!

とキャッシュで払います。

帰りに電車で携帯をチェックすると。
昼に開通したばかりの電子決済で
彼から半額が戻ってきていました!

なんて親切で、欲が無いんだろう。

■辛いとトイレと仲良くなる

食べ過ぎたなあ。

電車に乗って帰ると
2駅前でお腹に異変。

辛いものを食べ過ぎて
厳しい状態です。。。

日本人や外人をほとんど見かけない
重慶、地下鉄でお漏らしでもしたら

明日の朝刊に載るかも。
などと考えてぞっとしました。

そわそわ
そわそわ

して、ドアが空いたら
ダッシュ!

エレベーター待ちも
そわそわ
もじもじ

やっと部屋のドアを明け
トイレにズボンを下ろしつつ
飛び込む!

なんとかセーフでした。

■朝ごはん小面

チェックアウト前に
ちょっと散歩して

最後の重慶の食にトライ

小吃というジャンルだそうです。
大通りから1本入った小道
店というより軒先の固定屋台

おばちゃん2人でやってるお店にて

例の辛い味のラーメン

「小面」(7元)

(写真)

これもむせつつ
おばちゃんと2割くらいの
理解度で会話して

終了。

いろいろ辛かったですが
初日の水煮牛肉を食べたときは

辛すぎて、もうこれだけ辛いと
うまみも何もないだろう!

とバカにしましたが
麻婆豆腐や火鍋を食べると
やはりそれぞれに味わいがあり

違うんだなあ。

でもお腹が下ってしまい。
次は控えめでいいなあ。

と思ったのでした。

■東京駅にて

12時にホテルを出て
飛行機に乗り、成田からバス
東京駅についたのが10時半

富士そば(チェーン)のそばで
特もりそばに天ぷら載せて

頂きました!
(写真無し!:そこはないんかい 笑)

【(写真)重慶の食(前):辛すぎて鼻水噴出】

■重慶の食べ物

昨日は帰国翌日
早速レッスンしています。
(2019年3月末)

その後書道の稽古
(本日もレッスン)

確定申告もしなくては!

■重慶の食べ物

本日はちょっと一息ついて

旅の間
食べたものについて
書いてみます!

■出国直前

成田でリンガーハットの
「餃子定食」

玉ねぎがカリカリして
うまい!

あとから並んだ人が
ごはん大盛り!
そんなオプションあったか?
と嫉妬(笑)

■行きの機内にて

格安航空券なので
食事は出ません。

「チョーヤ梅酒ソーダ」

飲んで昼寝
(現地のコンビニにもありました!)

日本のお酒プレミアなんですね!
北海道ワイン5000円
いいちこ  2000円

起きると猛烈に喉が渇いたので

「水」

■重慶のホテルに到着

重慶のホテルは
コーヒーが特徴のホテル

建物は古いが
リフォームされ
快適でした。

備え付けの

「コーヒー」

■初日のディナー(辛さで鼻水が噴出)

電話屋を探してウロウロした挙句
飲食街モールの地下で

「水煮牛肉」(20元)

※写真

1元は18円強
(さらに…)

中国の銀行口座を作るウクレレ奏者?【重慶にて】


■こんにちは高橋です!

重慶に来ています。
(2019年3月)

目的は最近流行の
ケータイ決済に向け
中国の銀行口座を開設する!

2日目に中国の
携帯番号をゲットしました!

本日の話は

■重慶の銀行口座開設!後半です!

(さらに…)

天津でのウクレレ演奏動画(子供も大人も大喜び)

天津でウクレレを演奏した
動画を紹介します。


月亮代表我的心(トリ)

北京語でテレサテンも歌った名曲を合唱
(途中ソロも入ります)

ヒロマーチ(アンコール)

灰田晴彦(有紀彦)先生から
伝わる伝統のウクレレソロ
ハワイで忘れられ日本で生きていた
伝統の1曲。

子供達も大喜びでした。
(さらに…)

上海ウクレレ旅行紀四 コンサート&ワークショップ【演奏動画】

■こんにちは高橋です!

昨日は昼ごろまで寝てました。
(疲れてるんですね)

日課の習字(海外なのでペン習字)
上海キャンペーンの教材(DL版)送付。
本日もDVD版のセットをお申込頂きました!

ありがとうございます!
明日帰国以降に発送しますね!

キャンペーン詳細は編集後記にて
(明日まで)

■昼から黙々とリハーサル。

16時に今回お世話になる
トニー(劉)先生が
迎えに来てくれる。

彼とは台湾や中国(広州)
のフェスで会っているので
これも幸いだった。

会場に近い場所にホテルを取ろう!

ちょうど父の友人
(中国人)に教わった
ビジネスホテル(如家酒店)

検索して近いなあ、
と思っていたら同じビルでした(!)

■サウンドチェック!

トニー先生のハンドドリップの
コーヒーを頂いて

サウンドチェック!
機材も良くて音も良い!

何人かお弟子さんが
きて準備してくれてます。

この辺は師範クラス
なんでしょう。

ワークショップは
メロディとリズム(ハーモニーも)
技術的に弾き分けるテーマ

曲の細かい事は追わず
ピッキングでメロディ(+ハーモニー)
ストラムでリズム(=伴奏)
を技術的に変える。

だからメロディがきちんと
聞こえるという話をしました。

■我要一個問題

準備中に気がつきました!

もともとA3用紙の楽譜なので
A4のサイズごとに
スキャンしてで送りました。

だから

半分の譜面にはページ番号が無い。。。

バラバラになると
練習できない!

そう思ってあわてて
師範クラスのメンバーと
ページ番号を追加!

そんな一幕もありました。

■イベントが始まる

控え室で待っていると
段々人が集まって来ます。
中国は基本的に若い世代が
ウクレレを弾く様です。

だんだん証明が消えて
ステージが明るくなり

トニーがイベント開催を宣言

師範クラス2名とトニー
ウエルカム演奏

これが

めちゃ上手い!
世界中でウクレレの演奏を
見ていますが

完全にトップレベルの演奏です。
師範クラスは精一杯の演奏を
聞かせてくれて

トニーは余裕で
ハワイアンを弾語りしていました。

そして、

■日本的烏克麗麗大師

(日本のウクレレの大先生?)

と紹介頂いてステージへ!

オープニング〜12番街のラグ

中国の選曲にしょう!
といつものリストから
大分変えました。

難易度の高い滅多にやらない
曲を多く入れて
中国語弾語りを2曲とか
無茶なのかもしれませんね(汗)

■やってみて分かる事も多く

カーペンターズの Close to You
がめちゃ反応よかった。
お客さん英語で歌ってますよ(汗)

おそらく中国で初めて演奏された
であろう、日本のホットジャズ

「熱風」

なんかもビシビシ感じて
いるような様子でしたね。

スペインのフラメンコ

「マラゲーニャ」(Malaguena)

仕上がって来た事もあり

あのフラメンコの
凄まじい時空間を
共有できました。

最後は中国。。。
ではなく実は台湾の曲

「月亮代表我的心」

皆で歌いました!(涙)

■来てみなくちゃ分からない

中国はメロディおよび曲全体の雰囲気
を重要視すると聞いていたので

ビートで押すような
音楽は受けないと判断

いつもと大幅に選曲を変えました。
半分は当たっていた気がします。

しかし大きいのはトニー先生が
きちんとした音楽を教える
ウクレレ教室をやっている。

聞く耳が出来ているメンバー
に聞いてもらっている。
から理解されて喜ばれる。
ということもあるでしょう。

トニー先生曰く

中国全土は若い人とくに子供が
ウクレレを弾く人口のほとんど。
だけど俺は大人しか教えない。

そしてマジメに音楽をやる。

そんな先生だから
生徒さんもそういう方々が集まる。

■次回来るときは!

週末が良いだろう。
そして。今日は演奏が短かった。
(事前にワークショップを増やして
 演奏を短くしたのでした)

1時間半演奏した方が良い!

ワークショップは短くていい
ビギナーも入れば上級もいて
多くの人は演奏を楽しみに来る。

そして中国に
ハワイアントラディショナル
を演奏する演奏家はいないから
そういう曲を弾いたらいい。

トニー先生の北京の演奏会では
約2時間=28曲弾くそうです。。

■そんな真面目な音楽をやる方々なので

僕の演奏は受けました!
反応でも分かりますが
物販も完売!

CDなんて誰も買わない中国
(すでにプレイヤーが消滅)
(ネットで無料で聞くのが音楽)

という中国でCDを買ってくれるのは
まさに応援してくれているんですよ。

CDとDVDがあると言うと
キャッシュオンリーか?

と聞かれるんですね。
やはり今後中国で活動するには
キャッシュレスペイメントの重要性は
高いですね。

■収支!ゼロ!

利益は出ていませんが
飛行機、ホテル、
(やっちまった余分なタクシー代)
と今回の売上げを計算すると

トントン
(プラスマイナスゼロ)
になりました!
(頑張って稼ぎました!)

利益的には儲かってはいませんが

体を張って得る
学びに勝るものは
ありません!!!

もちろんトニー先生の人柄や
アヌエヌエとの関係という信頼が
大きいのですが

海外でも通用する!
という認識はチャレンジ
の幅を広げてくれました。

■ディナーは演奏の前か?後か?

時間を遡って昼の間ですが
トニーさんが聞いて来ます。

あれ、アヌエヌエには
こちらが演奏の後ディナーに
誘ってギャラをもらうって聞いたけど?

それは確かに中国の習慣だけど
いやいや、あなたはゲストだよ!
ということで演奏後に近所の料理屋
に招待してもらって

師範クラスや濃い生徒さんと
一緒に夕食を頂きました。
(円卓の凄いごちそうです!)

何が食いたい?
というので遠慮なく
今回食べたかった

上海蟹をお願いしました。
これは旨いっちゃうまいですが
食べ方を教える役の隣の方を除いて

■みんな上海蟹は食べません(笑)

手が汚れるし
たしかに身は少なくて
吐き出すカラが多い

甲羅をむく手間
エラが熱い(!)

僕も岡山出身ですがきびだんご
食べた事無いですからね(!)

■どこか観光したのか?

と聞かれますが
ネットの開通作業で
電話屋に行ったのと

焼き餃子を食べて
あとはコンサートの練習してた

というと

何やってんだ!
初めての上海を観光しなさい!

と明日行くべき場所を
いろいろ教えてくれました。

高橋は書道をするのですが
上海工芸の筆愛用を思い出して

「筆買いたい!」

と伝えると。
そのスポットも教えてくれました。

というわけで銀行は後回しにして
本日は観光しようと思います!

このブログ記事は、無料メルマガ記事より
抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!

最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら

上海ウクレレ旅行紀三 日本の常識が通じないときどうするか?


写真は 香港の電話会社とのやりとり 香港VISAは世界のVISAとは違います(汗)

■こんにちは高橋です!

上海に来ています!

観光のためではなく
今後の中国のプロモーションを
自分の手で開始する

という位置づけで
手始めに上海に来ています。

■渡航目的は

1上海で演奏とワークショップ
2銀行口座を開設
3現地でたくさん話しをする

可能ならば
○上海蟹を食べる

■エキサイティングです!

父からチャットで
明日は観光できるのか?

みたいなのが来ていましたが
本日は銀行口座を作る!

はずでした。。。

それが結局は
ネット環境構築が
終わらず

電話が使えないと
口座も作れないので

何も進んでない!

■そのかわり

現地で体当たりの
コミュニケーション

という3番目が
達成度高まり中!

具体的には電話会社に
突撃しました(汗)

というのも、

銀行口座開設のためには
電話でメッセージ(SMS)
を受け取る必要があるんです。

ということで
銀行はすこし保留にして

■第一目的を優先し

本日は午前をまるまる
リハーサル時間にあてました。

中国のホテルは皆うるさいので
苦情なんて来ません(笑)

■午後から

餃子大王
(本名は省略)
にて本日は

「ミェン」=麺

を食べたいと伝えて
指差しで注文

なにがでるかな?
と思うと排骨(あばらのフライ)
の乗っかった麺でした。

■SIMカードチャージできず

ホテルでSIMカードを
リチャージしようとなんとか

繰り返すも、
全然うまくいきません。

クレジットカードってケタが多かったり
名前が半角とか文字が抜けたり
詰まらない事で失敗するので

本質的にダメな場合と見分けが
難しいですね。

■店舗に突撃!

機械ではラチがあかない!

と電話会社を調べると
近くにありました!

もう躊躇はありません。
ドアを押すのみ!

(昔はアメリカのマクドナルドでも
 躊躇しブラックコヒープリーズ
 と入る前に何度も練習しました)

お兄さんに説明しようとして
端末を操作していたら
あっちで電話を初めてしまい(汗)

別のおねえさんに
英語で会話開始
(ダメだこりゃ)

まったくダメなので
中国語開始!

「我想再加油SIMカード!」

■歯が立たないが話は進む

ふーん?
それで?
ぽかーん?

この程度の中国語では
その先が出なくて、

歯が立たないが

「りーべんれん?」
(日本人?)

是日本人!
りーべんれん!

そのうち
お姐さん達が

サービスデスクに繋いで
りーゆう!(日語、日語!)

連発で

上海の日本語の出来るサービスデスク
に繋いでもらい、3者で相談。

ここで明らかになるのですが
香港のSIMは中国でチャージできない
(システムが異なる)

■ブラックリスト!?

しかたないから、
中国のSIMカードを
いちばん安いのを買って試そう!

と思ったのですが、

この直営ではない店舗のプラン
は1ヶ月契約で1700円というのです。

・直営店舗ではもっとお得なプランがある

値段はどちらでも良いのですが

・きちんとした直営店舗で
解約する必要がある。

・解約しないで3ヶ月入金を怠ると
ブラックリストに載る。。。

だめじゃん。

それは
今の時点では未知のリスクがある!
直営店の場所とコールセンター
の番号を控えて一度戻る。

■あらゆる手を尽くす

ということで、
香港のサイトの
チャットで質問!

こちらは英語と中国語まじり
(中国語は挨拶程度)

日本人だから英語でよいか?
と打ち込んだら、

よいとのこと。

なのに、完全中国語で来ました!
辞書を引きながらやり取りを続けます。

(3分打ち込まないと接続は切断
 2分は再開できません。)

分かったのは

リチャージに使える
VISAカードは香港VISAという
特殊なカードだけ

世界のVISAが使えない!

というのですね。
こりゃ100年やってもでき無い訳だ

■ついに分かった衝撃の事実

Amazonで売っている
香港SIMカード

というものが
どうやらあやしげな
業者が売っているんだろうな

というのが臭いで分かったのです。

まあ、プリペイドカードの転売
でさやを抜くそんな仕事です。
(ありがたいから存続するのですが)
(買う奴がいるから:笑)

カードには日本向けのマニュアル
が入っていて、リチャージは
VISA,Masterのクレジットカードで
リチャージが出来ます。
と書いてあるのですよ。

来てみていざ使うと
Masterは使用不可
VISAも香港VISAのみ(汗)

ま、騙しというよりは

会社の変更に対応しきれてない
(以前は使えた)
と予測していますが。

今の時点でコレを
送って来るのは
さやを抜く詐欺業者
(これが日本人の感覚)

ですが、世界の感覚
が日本人の感覚と同じではない。

まだまだ、勉強と
準備が必要です!

■現地でバグだしの日々

そんなことは普通は気がつかない!
だから現地まで来て
バグだししてる訳ですね。

なんだか会社の仕事で
いろいろプランを練っても
結局現地で問題が起こるので
その場で対応する感覚

に似ていますね。

渡航の目的2の
銀行口座は相当厳しいですが

目的3の現地体当たり
コミュニケーションが
進んでいます!

■日本の常識が通じない時

どうするか?

ですが

諦めて帰るか
学んでみる。

のどちからですね。
本日は朝から教材を発送し
みっちり音出し

このあとコンサートとワークショップです。
どうなりますか(ドキドキですね)

■追伸:結局メルマガの配信は

最終的にホテルのWi-Fiに
フロントのお兄さんに接続してもらい
配信できました。

中国本土から海外はダメと言っても
すべてのサーバーに
繋がらない訳ではないのです。

VPN接続という裏技がありまして
SIMのデータ容量の最後を使って
ソフトのパソコンにダウンロード

あとは設定ファイルだけ!
というところで容量が尽きたのでした!

ややこしい偶然もかさなり
かなり時間を使っていますが
相当な速度で課題抽出が進んでいます!

今度は天津に行きます!(2018年12月)
本記事は無料メルマガより抜粋してお届けしています。
メルマガ登録はこちらから〜

無料ウクレレメルマガ

上海ウクレレ旅行紀弐 焼き餃子大王!洗礼の数々!


写真は和記江南:鍋貼王中王 の焼き餃子!(鍋貼)
中国製のサントリービール 老干マ(女偏に馬)炒飯

■こんにちは高橋です!

昨日は上海日記というより
来る前からやらかして

Facebookの投稿も
かなり盛り上がってました!

いやー鍛えられますね。

実はいつものプロモーション
で行くフェスの演奏などは
航空機もANAとかでホテルも
まあまあ良い所をとってもらい
空港からホテルまで車移動

両替すらせずに
帰国する。

不自由無く行くのですが
タイでそういうフェスが続いた時

■これはまずいんじゃないか?

って思ったんです。
それまでは

なにから何まで
自分で手配して

その国の文化や挨拶とか
勉強して行ったんですね。
(そうでないと危ないこともあり)

そうやってカフェのライブを
やらせてもらったり
自分で切り開いて行く力を
身につけていったのです。

■パッケージでは身に付かないコトがある!

全部やってもらって
演奏してごちそう食べて
帰るだけ。

って実はいいようで
すごくつまらない。

と早い段階できがついて
フェス的イベントスルーして
ムエタイを見に行ったり

ちょっとずつ変えてはみましたが
1から自分でやるってことを
ここのところサボったのでした。

■ならば中国でやってみよう

ということで
まず格安航空券を取ってしまい

つてをたよりに
イベントを組むという

暴挙?
というか以前のチャレンジ
を再開したんですね。

■洗礼!

入管で写真はおまえか?
と怪しまれる。
ダブルチェック!

私:髪がのびましたからねーー!
なんてジェスチャーするも

男:無言(当たりまえ)
  スウェーデンは何しに?

私:友達にあってました!

男:うむ
  ビザは無いのか?

私:四日の滞在だから要りません。
(あなたの国の法律でしょ!!!)

なんてやりとりから開始。

電車というか飛行場のバスでも
バンバン人がぶつかって来るんです。
(コレは以前から経験あるなあ)
歩道もバンバンバイクが来るので注意。

ホテルのチェックインも
あんた英語できんの?

みたいな態度の小娘にまた、、、
ビザはないのか?

だから、15日以内はいらないの!
(あんたの国の法律でしょ)

と思いつつ、なんとかチェックイン。

■ひとときの喜び

晩ご飯は中国人の友人
ラーさんがオススメの店
(焼き餃子の王の王)
を送ってくれる。

地下鉄出口番号と住所を
便りに走る!(閉店まで30分)

なんとかたどり着き
(ほぼ嗅覚)

英語と中国語の単語とまぜまぜで
まくしたてると、メニューを見せられ

とりあえず焼き餃子とビール!
そして指差しで頼んだら
(豚のレバー焼きごはんでした)

いやー焼き餃子、さすが王の王
かぶりつくと肉汁が噴き出して
手もべたべた、ズボンもシミシミ
になってしまいました!

でも旨かったのでヨシ!

■本格的な洗礼!

コンビニで水やつまみ
紹興酒を買い込んで

帰ってメルマガ配信しよう!
と意気込むも、、、

あるタイミングから
どうも電波が悪くなる。

あまりにも異常なので
確認すると、香港のSIMカード
(スマホに入れると電話とネットが出来る)
(ちなみに本土のカードではGoogle、Facebook
 など本土が良く無いと判断した情報は一切出ない)

というわけで、
再度チェックすると
プランを選択したつもりが
出来て無くて、、、

プランで500Mバイト使えるはずが
100Mバイトで終わってしまった。

■いつものネット環境と違うと

本当に不便ですね。
問題は、メルマガを

機内でパソコンで書いたのだけど
ホテルのWi-Fiを繋ぐ方法が分からない。
(見ても全然わからないので即却下)

わからないので考える時間を省くため
香港のSIMで全部やろうとした訳で、、、

これがプリペイド分を使い果たした。。。
ということでリチャージ!

を試みるも何回やっても
VISAカードがダメですみたいな
無慈悲な漢字が並んで

リチャージできないんですね。

そんなわけで、本日いろいろやって
メルマガだけは配信できたというトコロです。

■鍛えられまくり!

ほとんど何もやってはいない
観光は全然やってないのですが

その国のインフラや事情
に触れるのは今後に聞いて来る。

本当に鍛えられているのです。
この知識や情報量で100日
中国プロジェクトを開始したら

ぜーんぜん、情報発信できなくて
企画が倒れていたところでした!

その三につづく!

今度は天津に行きます!(2018年12月)
本記事は無料メルマガより抜粋してお届けしています。
メルマガ登録はこちらから〜

無料ウクレレメルマガ

【上海ウクレレ旅行紀1 盛大に!空港間違え!やっちゃいました!】


写真は航空券の領収コピーです。

■こんにちは高橋です!

昨日も朝からレッスン
マリコ先生にハーフのストレッチポール
を受け取り(荷物が多くて持って来れず:涙)

誘いをことわり
予定を空けて悠々と準備
2:00就寝

■6:30起床

ゆうゆうと
コーヒーを淹れ

最後の荷造りし
7:30出発

電車で銀座
9:20

銀座から成田行きの
バスに乗り換え。
(電車が7分遅れ)

バスの時刻を間違え
1本前のバスに乗れた(席余裕)

車内で演奏する曲の
リストなど作り
解説の中国語も調べて

余裕で搭乗手続きしたら
メシ食おうなんて思いつつ。

■11:20成田へ!

ゆうゆうと思いつつ
なんかおかしい、、、

上海行きの表示が無いんですね。

再度印刷した予約情報を見ると
13:20茨城(東京)

いばらき(とうきょう)

いばらき???

カウンターが忙しそうなので
サポートに電話したところ

「はい、いばらき空港です」

「い、ばらきですよね」
 はいぃ、、、
 (情けない声が出ます。)
 分かりました」

ということなので

移動検索すると搭乗しめきりは
怪しいが車で1時間20分
電車は径路無し!

タクシー乗り場に走る
11:35

運転手さんに間違えたと
伝え急いでもらう。

運転手さんの提案をスマホで
検索しながら下りるインターを選択
やはり高速をたくさん使う方が早い

■しかし茨城は農地が多いな

畑だらけだなー
いい天気だなー

とかおしゃべりしつつ

搭乗手続き締め切りを調査すると
12:35

運転手さん
「ぎりぎり10分遅れるくらいです」

■サービスデスクに電話

以前20年前に受験でANA
に乗ったときは、朝起きると
全然ダメな時間で、

とりあえず行くと

走りましょう!と(汗)
最後の荷物と一緒にカートで
のせてくれた事がありましたが(懐)

時代は変わり
格安航空券はその辺の
人件費を削って安くしているので
1分遅れても乗れない
というのが常識です。

とりあえずサービスデスクに電話
「上海行きを予約してるタカハシです
 間違えて成田に来てしまい
 タクシーで茨城に向かってますが
 ぎりぎりです。」

「いちおう現場に伝えますが
 最終判断は現場です
 乗機の確約はいたしかねます」

「同じ飛行機は明日も飛びますか?」
「水曜以外毎日飛びます」

「では、最悪のときは明日のチケットを買います
 まだ空席はありますか?」

「お待ち下さい。。。御座います
 ただし、購入がカードのみ出発の
 24時間前までですので。
 微妙ですね。」

「いえいえ、大丈夫です。」

■運転手さんと

そうだよなあ
確約はしてもらえないよなあ

「遅れて乗れなくても
40分あるから明日のチケット
を買うので大丈夫です!
演奏に間に合えばいいんです。」

なんて話しつつ(汗)

スマホの地図ソフトで
ナビを見ながら
1分短縮した。
2分短縮した。

あと5分短縮ですね!

など眺めながら急ぐ!
(なんだか長年の友人みたい)

■下道でおじいちゃん急ブレーキ

全然見ずに自転車で渡ろうとする
おじいちゃんを急ブレーキしたり
もしつつ

最後は運転手さんが
高速並みに急いで(オイオイ)

12:36

ほぼ時間通り(でも)

■1、2分遅れで到着。

最後の最後でしたが
荷物超過のお客さんがまだ
荷物と格闘していて

ぎりぎりですねー
お早めにおねがいしますね。

思い出して預けに持つから
バッテリーを取り出す。
忘れてたらさらに時間を食うところでした。

■茨城空港ははじめてですが

ターミナルも1つで
非常にシンプル。

普通に荷物をあずけ
手荷物検査し出国審査

すると99%中国の方々が
並んでずらーっと待ってました。


写真は飛行機内で頂いたルーローファン(中国製)

■なんとかなるもんですね

即断即決で
あわてずさわがず
最善を尽くす

でダメなときは仕方ないし
うまくいくこともありますね。

格安で来た意味は
タクシー代を考えると
経済的には薄まりましたが

なかなか鍛えられました。
訳あって1日遅れての配信
となりました。

今度は天津に行きます!(2018年12月)
本記事は無料メルマガより抜粋してお届けしています。
メルマガ登録はこちらから〜

無料ウクレレメルマガ

CONTACT

Name:お名前
E-mail
Message/

ご用件
Confirm/

送信確認